セラミドは表皮の一番上の層である角質層に存在している保湿成分

保湿はしっかりとできていますか?

 

美肌に欠かせない一つは保湿ですね。多くの女性が日々気を使っている事と思います。そんな保湿に有効な成分にセラミドがあります。ここではセラミドの保湿効果について見ていきましょう。

 

セラミドの保湿効果は

 

多くの保湿美容液に含有されている成分の内、コラーゲンやヒアルロン酸は分子量が大きいです。そのため皮膚の内部まで浸透する事はありません。しかしセラミドは表皮の一番上の層である角質層に存在している保湿成分ですから、この層までなら肌に塗って浸透さすことができる可能性があります。このような理由からセラミド配合化粧水や美容液は、優れた保湿効果が期待できるのです。

 

セラミドはどのタイプ

 

保湿成分は大きく分けると3タイプに分類できます。まずは水分を層の間に挟みこむタイプ。次に水分を抱え込むタイプ。最後に水分を吸着するタイプです。セラミドはこの中の水分を層の間に挟み込むタイプに分類できます。角質層でセラミドを主成分とした細胞間脂質が層をつくり、水分を挟む込みようにして水分を保ちます。このタイプの特徴として優れた保湿力を持っていると言えます。

 

セラミド配合の美容液や化粧水を使用した後に、保湿力はどのくらいの期間効果を発揮するのでしょう。セラミドが含まれている化粧品は、皮膚に塗ってから2時間から24時間の保湿力があるとされています。セラミドはそもそも肌の角質層に含まれる成分ですから、デリケートな肌の人にも安心できる保湿成分です。

 

肌のセラミドが十分でなおかつ角質層がしっかりしていれば、砂漠のような湿度が低い環境でも肌は水分を保持する事ができます。セラミドは優れた保湿力と安全性を備え持っています。美容において肌が乾燥していない事は大事ですよね。乾燥肌などで悩んでいる人もセラミドの効果をぜひ実感してみてください。

 

妊娠中は特にお肌がカサつきやすくなるので、保湿にも力を入れていきましょう。